腰痛には積極的に腰痛改善グッズを使用しましょう

レディ

再発のリスク

寝具

肝臓がんとは、他の臓器から転移してきた転移性の肝臓がんと肝臓の細胞からがんが発生してしまった原発性の肝臓がんに分けることが出来ます。主に転移性の肝臓がんは予後と言われる病状の見通しが比較的悪い傾向になり、原発性の肝臓がんは予後は良好になります。肝臓がんはがんの中でも特に再発の可能性が高くなっているがんのため、外科手術によって肝臓に発生したがんを切除したとしても、大体80%が3~5年以内に再発しています。ですが、必ず再発するというわけではなく、がんを切除して再発していない人もいます。再発を起こさないためにも適切な治療と周囲のサポートが重要になっていくでしょう。

がんの中でも再発率が高い肝臓がんとなっていますが、再発を防ぐために肝臓がんの手術後にインターフェロン療法を行なうことがあります。あまり馴染みのない言葉ですが、インターフェロン療法とは、注射を用いてインターフェロンを体内に注入することでウイルスや細胞の増殖を抑える治療になります。ここで言うインターフェロンとは、ウイルスに感染してしまったときに、身体を守るために体内で生成されるタンパク質になっています。このインターフェロンによってウイルスの増殖を抑えることが出来れば、肝臓がんをはじめとするがんの再発率はある程度低くなるでしょう。ですが、体内で生成されるインターフェロンは僅かな量になるので、人工的にインターフェロンを作って体内に注入していきます。このような治療法があることを事前に把握しておくことで、色々と視野が広くなるでしょう。